【球宴】鈴木がホームランダービー優勝 打てる秘けつは「しっかり寝てご飯食べて」

ホームランダービーを制した広島・鈴木(中央)は、(左から)DeNA・筒香、西武・山川らと健闘をたたえ合った
ホームランダービーを制した広島・鈴木(中央)は、(左から)DeNA・筒香、西武・山川らと健闘をたたえ合った
ホームランダービー決勝で豪快なスイングを連発した広島・鈴木
ホームランダービー決勝で豪快なスイングを連発した広島・鈴木

◆マイナビオールスターゲーム2019 全セ―全パ(13日・甲子園)

 広島・鈴木誠也外野手(24)がホームランダービーで初優勝を果たした。1回戦で西武・森、準決勝でDeNA・筒香を下すと、前日(12日)勝ち上がったオリックス・吉田正も撃破。「まさか優勝できると思っていなかった。すごくうれしいです」と賞金100万円に顔をほころばせた。

 最後は圧巻の勝ちっぷりだった。先攻の吉田正が3本で終えると、満を持して打席に入った鈴木は最初の5スイングで3本のフェンスオーバーを放ち、いとも簡単に並んだ。さらに残り1分を切った瞬間に、高く上がった放物線がバックスクリーンに着弾。追い越したことに気づかず、ラストスイングも左翼席に放り込んだ。

 ホームランの秘けつを聞かれた鈴木は「しっかり寝て、ご飯を食べて、長いバットで遠心力を使って飛ばすことです」とサラリ。平均打球速度も出場選手で1位の165キロをマークするなど、結果も内容も天性の長距離砲であることを証明した。

ホームランダービーを制した広島・鈴木(中央)は、(左から)DeNA・筒香、西武・山川らと健闘をたたえ合った
ホームランダービー決勝で豪快なスイングを連発した広島・鈴木
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請