【岡山】創志学園・西 2失点10Kで7回コールド勝ちも「今年一番悪かった」

7回2失点で完投した創志学園・西
7回2失点で完投した創志学園・西

◆第101回全国高校野球選手権岡山大会 ▽1回戦 創志学園11―2岡山南=7回コールド=(13日・倉敷マスカットスタジアム)

 今秋ドラフト1位候補で創志学園の最速153キロ右腕・西純矢(3年)が、雨に苦しみながらも、7回5安打2失点10奪三振6四球で初戦を突破した。

 西は2回2死満塁から押し出し四球と左前適時打を浴びて2失点。2回までに5四球を与えたが、その後は修正して7回コールド勝ちに導いた。「さっぱり。最悪ですね。今年で一番悪かった」と猛省した。

 打線は3回に森田貫佑遊撃手(2年)の右前適時打で1点を返し、4回は森田の2点適時打などで逆転に成功。5回は森田の3点三塁打などで4点を加え、6回に1点、7回に2点を追加した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請