【山梨】富士学苑・遠山、急造「がに股打法」でV打!

「がに股打法」で2安打2打点と活躍した富士学苑・遠山
「がに股打法」で2安打2打点と活躍した富士学苑・遠山

◆第101回全国高校野球選手権山梨大会 第5日 ▽2回戦 富士学苑9―0甲陵(13日、山日YBS球場)

 春8強で第2シードの富士学苑が、甲陵を下して3年ぶりに初戦を突破した。

 7番・遠山航生三塁手(2年)が4回1死二塁で、逆方向の右中間へ先制二塁打。これが決勝点となった。

 9回にも中前へダメ押し打を放ち、3打数2安打2打点、3盗塁の活躍。2日ほど前、先輩の河野綾介外野手(3年)の助言で「がに股打法」にフォームを改造。「今までは、構える時に猫背で前かがみになっていて、打つ時に頭が突っ込んでヘッドが出ず、差し込まれることが多かった。背筋を伸ばして構えることを意識したら、低めがよく見えてボールを振らなくなった。河野さんに感謝です」と効果を実感していた。

 次戦の相手は日川。184センチの長身エース左腕・新田壌人(じょうと、3年)がいる。遠山は「左投手は好き。強い気持ちでホームランを打ちたい」と目を輝かせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請