【神奈川】平塚学園が逆転勝利で初戦突破 ハマの番長も応援に来場

応援に駆けつけた三浦大輔投手コーチ
応援に駆けつけた三浦大輔投手コーチ

◆第101回全国高校野球選手権神奈川大会 第4日 ▽1回戦 平塚学園6―3相模原総合(13日、いせはらサンシャイン・スタジアム)

 ハマの番長こと横浜・三浦大輔投手コーチ(45)の長男・澪央斗投手(れおと・3年)が所属する平塚学園は、初回に2点を先攻。3回に逆転を許して2―3で迎えた5回、5安打で4点を奪取。投げては3回途中からマウンドに上がった2番手・渡辺拓斗投手(3年)が9回まで投げて、5安打無失点の快投。チームを勝利に導いた。

 スタンドには、三浦投手コーチも応援に駆けつけ、おなじみの青いカラーのTシャツで、メガホンを両手に声援を送った。高校入学から寮生活を送る澪央斗とは昨夜、電話で会話。「試合に出ることがあれば思い切りやれよ」と激励したという。「仲間との最後の夏。思い切り楽しんでくれれば」と息子への思いを語った。

 この日、澪央斗は6回から投球練習するも、登板機会はなし。父と同じ背番号「18」を背負って臨む高校最後の夏。「逃げずに自分のやってきたことを出し切れれば。常に成長していきたい」。父が躍動した憧れの横浜スタジアムに一歩前進した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請