【北北海道】旭川大高 V2へ貫禄発進 エース能登が完封、主将・持丸が大会1号ソロでダメ押し

2年連続甲子園出場に向け、好発進した旭川大高ナイン
2年連続甲子園出場に向け、好発進した旭川大高ナイン

◆第101回全国高校野球選手権北北海道大会大会 ▽1回戦 旭川大高4―0釧路湖陵(13日・旭川スタルヒン)

 昨夏の王者が投打で力の違いを見せた。旭川大高の右腕エース能登嵩都(3年)が散発4安打、8奪三振で釧路湖陵を完封。打線も1、2回で3点を奪い、8回には持丸泰輝捕手(3年)が右中間芝生席に大会1号ソロを放り込んでダメ押した。

 公式戦7本目(通算16本目)でチームを勢いづけた持丸は「(端場)監督からも『ここで1点欲しいな』と言われての先頭打者。ストライクゾーンの球をしっかり振り抜くことを意識して打ちました」とすがすがしい笑顔。2年連続甲子園に向け「いいスタートが切れました」と手応えを強めていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請