【岡山】元近鉄の祖父を持つ高梁日新の林主将が天国の父にささげる選手宣誓

選手宣誓を行った高梁日新の林主将
選手宣誓を行った高梁日新の林主将

◆第101回全国高校野球選手権岡山大会(13日・倉敷マスカットスタジアム)

 岡山大会の開会式が行われ、高梁日新の林浩平主将(3年)が選手宣誓を行った。大阪・歌島中2年の冬に父・雅彦さんが心筋梗塞のため50歳の若さで他界。「西日本豪雨から1年。たくさんの方が被害に遭われました。今、私たちにできることは、この第101回大会を全力で戦い抜くことです。野球を愛し、いついかなるときも、すべての方に感謝し、正々堂々プレーすることを誓います」と、天国の父に立派な姿を見せた。

 父方の祖父が近鉄パールスで外野手として活躍した林勝美さんで、この日に84歳の誕生日を迎えた。開会式に駆けつけることはできなかったが「選手宣誓をするから頑張れ!」と、激励を受けたという。16日の岡山東商との初戦に向けて「相手は強いので、粘り強くやっていきたい」と、意気込んだ。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請