ドジャース前田 6回途中3失点で8勝目ならず

前田は粘投も8勝目ならず(ロイター)
前田は粘投も8勝目ならず(ロイター)

◆レッドソックス―ドジャーズ(12日、フェンウェイ・パーク)

 ドジャースの前田健太投手(31)が12日(日本時間13日)、後半戦開幕戦となった敵地での交流戦、対レッドソックスに先発。5回2/3を投げて、2本のソロ本塁打を浴びるなど、4安打3失点。1―3で迎えた6回2死三塁で降板し5月31日フィリーズ戦以来の8勝目はならなかった。

 前田は、レッドソックス戦公式戦初登板。ポストシーズンでは昨年10月24日のワールドシリーズ第2戦でのリリーフ登板以来となるフェンウェイ・パークで、ア・リーグ東地区からの初勝利を目指して先発した。

 1回1死からディバースに左翼へ先制の17号を許し、2回に味方がバドューゴの10号ソロで追いついたが、その裏バスケスに15号勝ち越しソロを許した。3回から5回までは無失点と立ち直りを見せたが、6回にベッツ、ディバースに連続二塁打を許して3点目を許した。スライダーとチェンジアップのキレも良く、初回にボガーツから日米通算1800奪三振となる空振り三振を奪ったのをはじめ、計7三振を奪ったが、敵地名物のグリーンモンスターを越えた2本のソロアーチが痛かった。

 86球を投げ、防御率は3・72となった。

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請