【球宴】阪神・原口、1歳の娘の成長が「自分の励みになっています」

9回2死一塁、原口文仁が左越えソロ。手前左は高橋周平、手前右は大瀬良大地(カメラ・森田 俊弥)
9回2死一塁、原口文仁が左越えソロ。手前左は高橋周平、手前右は大瀬良大地(カメラ・森田 俊弥)
9回2死一塁、左中間に2ラン本塁打を放ち声援に応える原口文仁(カメラ・中島 傑)
9回2死一塁、左中間に2ラン本塁打を放ち声援に応える原口文仁(カメラ・中島 傑)

◆マイナビオールスターゲーム2019 全セ3―6全パ(12日・東京D)

 「マイナビオールスターゲーム2019」の第1戦が東京Dで行われ、6月に大腸がんから1軍復帰した全セの阪神・原口が代打2ランを放ち、敢闘選手賞に輝いた。“最後の一人”をファン投票で選ぶプラスワン投票で3年ぶり2度目の球宴出場を果たし、9回2死一塁から左中間に放り込んだ。全セは全パに5連敗となったが、不屈の男が放った一撃で祭典は感動に包まれた。通算成績は全パの85勝78敗11分け。第2戦は13日に甲子園で行われる。

 遠征に行けば、原口のスマホが鳴る。妻からのLINEを見ると、3月に1歳になったまな娘の姿が映っている。「娘の成長がすごく楽しみ。その姿が自分の励みになっています」。遠征先の夫に、娘の“成長日記”を送るのが夫人の日課。その顔を見れば、たまった疲れも一気に吹き飛ぶ。

 大腸がんの闘病中、病気のことなどお構いなく、娘は笑顔で絡んできた。だが、その無邪気な姿に何度も救われた。腹部の痛みにも耐えられた。

 「これから大活躍して、頑張っている姿を見せられるようにしないとね」。今はまだ野球のことは分からない。だが、娘に物心がつくまではあきらめるわけにはいかなかった。1人の時には想像できなかった気持ち。父親になったことで、グラウンドで戦い続ける“使命”ができた。(阪神担当・中村 晃大)

試合詳細
9回2死一塁、原口文仁が左越えソロ。手前左は高橋周平、手前右は大瀬良大地(カメラ・森田 俊弥)
9回2死一塁、左中間に2ラン本塁打を放ち声援に応える原口文仁(カメラ・中島 傑)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請