村田諒太、ブラントに雪辱2回TKO!負けられない再戦「前に行くしかなかった」

2回、ブラント(手前)からダウンを奪う村田(カメラ・石田 順平)
2回、ブラント(手前)からダウンを奪う村田(カメラ・石田 順平)
試合後、報知新聞大阪本社・佐野俊郎代表(左から2人目)からトロフィーを贈られた村田諒太
試合後、報知新聞大阪本社・佐野俊郎代表(左から2人目)からトロフィーを贈られた村田諒太

◆報知新聞社後援 プロボクシング ▽WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦 ○村田諒太(2回2分34秒 TKO)ロブ・ブラント●(12日、エディオンアリーナ大阪)

 魂の170発でねじ伏せた! 前WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=は、王者ロブ・ブラント(28)=米国=を序盤から連打に次ぐ連打で圧倒して2回2分34秒TKO勝利。復帰戦となった再戦で雪辱を果たし、265日ぶりにベルトを取り戻した。村田の戦績は15勝(12KO)2敗。

 超満員の会場が大歓声で充満し、観客は総立ちとなった。ぼう然とした表情のブラントがレフェリーに抱えられる。村田はコーナーに上り、悠然と場内を見渡した。苦悩と葛藤、そして充実の9か月を越えて復活した。「(帝拳ジムの)本田会長、使いものにならないボクサーなのに使っていただき、ありがとうございます」。劇的な勝利に笑顔が輝いた。

 開始のゴングと同時に宿敵とド突き合った。王者ブラントは昨年10月の試合で自信を持ったのか、前戦とは打って変わり、前に出てきた。「前回と違って面食らった」という村田は「前に行くしかなかった」と距離を半歩分近づけ、左右フック、ボディーで応戦。12年ロンドン五輪で金メダルを獲得した時のような、前かがみの姿勢で圧力をかける重戦車スタイルで迫った。

 そして2回中盤、右ストレートが相手の顔面を捉える。そこから速射砲のごとく攻撃。46発目でダウンを奪った。ブラントが立ち上がると、再び猛ラッシュ。ボディー、アッパーを重ねると、相手の顔色が変わり「(試合を)早く止めてくれ、と思った。相手の心が折れ、勝ったと思った」。1分近い攻撃でストップ。2回の攻防で額と頬に傷ができるほど打ち合った。

 昨年10月20日、米ラスベガスでの防衛戦で見せ場もなく判定で敗れ、王座を失った。「98%やめよう」という気持ちを奮い立たせ、昨年12月に現役続行を表明。今年4月にブラントとの再戦が決まると「このタイミングで試合をすることが運命。絶対に負けられない」。雪辱戦を自らの進退をかけたファイトと位置づけた。

 会場の片隅では佳子夫人(37)、長男・晴道くん(8)が見守った。13年8月のプロ転向後、初めて家族を試合会場に呼んだ。最後になるかもしれない“ボクサー村田”の姿を見せておきたい。リング上から「晴道、明日からパパといくらでも野球でも水泳でも行けるからな」と声をかけて表情を崩した。

 日本ジム所属選手で、世界王座を取られた相手から奪い返したのは輪島功一(2度)と徳山昌守に次いで3人目。五輪金メダルとプロの世界王者という日本ボクシング界唯一の偉業を遂げた男は、客席で掲げられた母校の南京都高(現京都広学館高)の恩師・武元前川氏(享年50)の遺影を見て一瞬、涙ぐんだ。「やめなくてよかった」。奇跡を果たした村田の目には、支えてくれた人たちの多くの笑顔が映っていた。(飯塚 康博)

 ◆前回対戦VTR 昨年10月20日に米ラスベガスで対戦。速い動きで連打を打ち込むブラントが終始優勢で、主催者によると1262発中356発を的中させ(的中率28%)、村田は774発中180発(同23%)。ジャッジ1人が110―118、2人が109―119と0―3の判定で敗れ、2度目の防衛に失敗した。

 ◆村田 諒太(むらた・りょうた)1986年1月12日、奈良市生まれ。33歳。中学1年でボクシングを始め、南京都高で高校5冠。東洋大、同大学職員で全日本選手権優勝5回。2012年ロンドン五輪ミドル級で日本勢48年ぶりの金メダル。13年8月にプロデビューし、17年10月にWBA王座奪取。18年4月にミドル級では日本人初の防衛成功。昨年10月、2度目の防衛に失敗し王座陥落。身長183センチの右ボクサーファイター。家族は妻と1男1女。

2回、ブラント(手前)からダウンを奪う村田(カメラ・石田 順平)
試合後、報知新聞大阪本社・佐野俊郎代表(左から2人目)からトロフィーを贈られた村田諒太
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請