城島茂&松岡昌宏「仕事をしていくことが供養になる」…ジャニーさん家族葬にタレント150人

ジャニー喜多川さん家族葬
ジャニー喜多川さん家族葬

 9日に解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血で亡くなったジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川(本名・喜多川擴=きたがわ・ひろむ)さん(享年87)の「家族葬」が12日、都内の「ジャニーズアイランド」の稽古場で行われた。一般、報道陣には非公開で葬儀後に事務所が公表した。所属タレント約150人が出席。最後に近藤真彦(54)がジャニーさんへの感謝を語ったという。

 事務所が公開した家族葬の写真は、誰もが父と慕ったジャニーさんの遺影の前で、笑顔にあふれていた。TOKIO・長瀬智也(40)は、V6・井ノ原快彦(43)とともに遺影を指すポーズ。近藤は「時には涙、時には笑いと、ドラマチックな意味のある時間でした」と振り返った。

 会場となったのは、滝沢秀明氏(37)が社長を務める「ジャニーズアイランド」の稽古場だ。TOKIO・国分太一(44)と井ノ原が司会を務め、代表して東山紀之(52)、HiHi Jets・高橋優斗(19)、KinKi Kids・堂本光一(40)がスピーチ。最後に近藤が感謝の言葉を述べたという。家族葬の後、滝沢が遺影を胸にし、ジャニーさんは斎場で荼毘(だび)に付された。

 葬儀前には、TOKIOの城島茂(48)と松岡昌宏(42)が都内で「ふくしまプライド。」新CM発表会に出席。松岡は「自分たちが、こうして仕事をしていくことが何よりの供養になる」。城島は、誇らしげに天井を見上げ、「ジャニーさん、頑張ってるよ」と仕事を全うした。「タレントが一堂に集まることはないから、最後の最後にジャニーさん、粋な演出といいますか。楽しくと言ったら不謹慎ですが、楽しいことが好きだったので笑顔で。笑顔で頑張っていくことがジャニーズの、アイドルの使命」(城島)。

 HiHi Jetsは家族葬に出席した後、全員で東京ドームで行われたプロ野球・オールスター第1戦に駆け付け、高橋がファーストピッチセレモニーの大役を務めた。

 所属タレント全員がいつまでも偉大な「父」の存在を胸に、これからさらに活躍していくことで恩返ししていく。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請