明大・森下暢仁、3回0封3K…最速150キロ、日米大学野球開幕投手へ万全

JR東日本戦で3回無失点に封じた大学日本代表・森下暢
JR東日本戦で3回無失点に封じた大学日本代表・森下暢

◆練習試合 侍ジャパン大学代表3―1JR東日本(12日・亜大グラウンド)

 今秋ドラフト1位候補の最速155キロ右腕で日米大学野球選手権の開幕投手(16日・松山中央公園)を務める侍ジャパン大学代表・森下暢仁(まさと、明大4年)が12日、大会直前合宿のJR東日本との練習試合(亜大グラウンド)に先発し、3回2安打無失点で3奪三振。米国との力勝負の予行演習を完了した。

 声を上げて発した直球が、ミットに突き刺さった。1学年下でドラフト上位候補の190センチ右腕・太田龍(20)との投げ合い。「自分のことで精いっぱい。体は大きいなと思った」。3回1死から連続の空振り三振。最速150キロで社会人の打線をねじ伏せた。「米国には真っすぐで押していかないとダメ。まだまだスピードは出る」。直球が走るからこそ、スライダーも生きる。フィリーズの大慈弥スカウトは「直球とスライダーで腕の角度、振りの速さが同じだから、空振りが取れる」と称賛した。

 生田勉監督(52)は全5戦先発を森下暢と150キロ左腕・早川隆久(早大3年)の2枚で回す基本方針を示し、守護神に154キロ右腕・伊藤大海(苫小牧駒大3年)を指名。「スタートの森下暢、抑えの伊藤がチームに安心感を与える」と語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請