【球宴】西武・森、2年連続MVP弾「完璧な当たりでしたね。狙ってしかなかったです」

2回2死一塁、森が右翼席へ大瀬良(手前)から先制2ランを放つ(捕手・会沢=カメラ・生澤 英里香)
2回2死一塁、森が右翼席へ大瀬良(手前)から先制2ランを放つ(捕手・会沢=カメラ・生澤 英里香)

◆オールスター戦 全セ3―6全パ(12日・東京ドーム)

 「マイナビオールスターゲーム2019」の第1戦が東京Dで行われ、全パの西武・森が2年連続MVP弾を放った。2回に大瀬良から右翼バルコニー席までかっ飛ばし令和1号となる特大2ラン。2年連発、球宴初出場から出場3回連続となる一発を放ち、お祭り男ぶりを実証した。全パは17年の第1戦から5連勝。通算成績は全パの85勝78敗11分けとなった。第2戦は13日に甲子園で行われる。

 どよめきが起こった。森のフルスイングから放たれた打球は、東京Dの天井に届きそうなほどの高い放物線を描き、右翼バルコニー席に着弾した。両チーム一番乗りの推定116メートル弾に満面の笑みでダイヤモンドを一周。普段は敵同士の選手たちと笑顔でハイタッチを交わした。

 試合のボルテージを上げる一発が飛び出したのは、2回2死一塁だ。先発・大瀬良の148キロの低め直球を捉え、球宴1号の先制2ランを放ち、女房役として先発・千賀を援護した。「真っすぐ一本。1・2・3で行きました。完璧な当たりでしたね。狙ってしかなかったです」

 夏の球宴にふさわしいお祭り男ぶりを発揮した。初出場となった15年の2戦目でも、初打席で本塁打を放ち、清原和博に続く史上2人目の10代での本塁打を達成した。3度目の出場になるが、出場した球宴では必ずアーチを架け、通算3発目。さらに2年連続初戦第1打席本塁打をマーク。昨年も初戦の第1打席で本塁打を放ち、自身初のMVPを獲得した。2年連続受賞は2000年、01年のペタジーニ以来18年ぶりの快挙だ。賞金で山川ら、西武のチームメートにごちそうしたという森。今年も選出された際に「もう1回MVPを取ってまた、みんなにごちそうしたいですね」と太っ腹。「球宴は相性がいい。もう一本狙いたい」とニヤリと笑った。

 今年はホームランダービーにも選出された背番号10。ソフトバンク・柳田が辞退して繰り上がりでの選出となり「うれしいけど(対戦相手が強くて)場違いや。恥さらしやわ」とつぶやいたが、腰から崩れ落ちる豪快なフルスイングで球場を沸かせた森のことだ。13日の2戦目(甲子園)で行われるホームラン競争でも、ファンも見ほれるホームランを量産してくれるだろう。

 森の本塁打に3打点の活躍で、パ・リーグは17年第1戦から5連勝。「楽しいですね」と目を輝かせた森のおかげで今宵(こよい)の西武陣はお腹も心も満たされそうだ。(森下 知玲)

 ◆西武・森の球宴VTR

 ▽15年 12球団最多得票で初選出。7月18日の第2戦(マツダ)の6回1死一塁で代打で登場し、右翼席への2ラン。当時19歳で、10代でのアーチは87年の西武・清原以来2人目。初球宴は2試合で打率2割5分、1本塁打、2打点。

 ▽18年 2度目の球宴出場。7月13日の第1戦(京セラD)では、初回2死一、三塁から弾丸ライナーで右翼ポール際へ運ぶ3ラン。この試合、3打数2安打3打点の大暴れで初の最優秀選手(MVP)を受賞。同球宴では2試合で打率4割、1本塁打、3打点。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請