【埼玉】花咲徳栄・韮沢が4安打…ロッテ・スカウト絶賛「広角に打てる」

初戦で4安打と活躍した花咲徳栄・韮沢
初戦で4安打と活躍した花咲徳栄・韮沢

◆第101回全国高校野球選手権埼玉大会 ▽2回戦 花咲徳栄32―0杉戸農=5回コールド=(12日・市営大宮)

 5年連続の夏の甲子園を目指す花咲徳栄(埼玉)はプロ注目の韮沢雄也遊撃手(3年)が4安打を放ち、チームも大勝発進した。

 鋭いスイングでヒットを量産した。花咲徳栄・韮沢が、4安打を左翼、中堅、右翼へ打ち分けた。「緩い球を打つ練習もしてきた。結果が出て良かった」。ネット裏ではプロ4球団が、U18高校日本代表候補でもある逸材を視察。ロッテ・榎スカウトは「広角に打てる打者。確実にレベルアップしていて、力強さも感じる」とたたえた。

 4月の同代表候補合宿で、大船渡の佐々木朗希投手(3年)と共に過ごした。「見たことがなかった。すごいとしか言いようがない(投球)」と刺激を受けた。1年夏はベンチで全国制覇を経験。昨年は遊撃手で聖地でプレーした。全国制覇時の中心選手、西武・西川愛也内野手(20)とは今でも連絡を取り合う間柄だ。打撃不振を機に、今春からは西川の打撃フォームも参考にしている。「昨年出てる分、自分が引っ張って周りに声をかけたい」と意気込む。

 「テーマは与えず、全力で」。岩井隆監督(49)の言葉通り、チームは5回に一挙18点を奪うなど、26安打32得点の猛攻で杉戸農に5回コールド勝ち。韮沢が、埼玉勢では前人未到の5年連続夏の甲子園出場の立役者となる。(竹内 夏紀)

 ◆韮沢 雄也(にらさわ・ゆうや)2001年5月20日、新潟・魚沼市生まれ。18歳。堀之内小で1年から新潟南リトルに入団。中学は新潟シニア。花咲徳栄では1年春からベンチ入り。2年生だった18年に甲子園デビュー。U18高校日本代表候補選手。高校通算16本塁打。177センチ、80キロ。右投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請