【球宴】DeNA・山崎が“プロ初けん制球”も1回2失点「遊びすぎました。家に帰って反省します」

9回無死、グラシアルに死球を与えた山崎(カメラ・清水 武)
9回無死、グラシアルに死球を与えた山崎(カメラ・清水 武)

◆マイナビオールスターゲーム2019 全セ3―6全パ(12日・東京D)

 DeNAの山崎康晃投手(26)が5年連続で出場した球宴を反省した。

 9回から登板。しかし、先頭のグラシアルに普段は投げないナックルで死球を与えてしまった。その後、2安打で2失点。5年目で一度も投じたことのなかったけん制球を一塁へ投じる場面もあったが「(死球を当て)謝らないといけない。普段やらないことをやろうと思ってけん制もしたけど…。遊びすぎました。家に帰って反省します」と頭を下げていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請