【京都】プロ注目の京都国際・上野、四つ子誕生の指揮官に祝砲「内角に張っていた」

5回1死一塁、京都国際の上野が左越え2ランを放つ
5回1死一塁、京都国際の上野が左越え2ランを放つ

◆第101回全国高校野球選手権京都大会 ▽2回戦 京都国際12―2須知=5回コールド=(12日・太陽が丘)

 京都大会では、今春の府大会で春夏秋を通じて初優勝した京都国際が5回コールド勝ちで初戦を突破。プロ注目で主将の上野響平遊撃手(3年)が公式戦初本塁打を含む2安打4打点の活躍。6月に四つ子が生まれた小牧憲継監督(35)を祝った。

 狙い澄ました公式戦初アーチだった。9―2の5回1死一塁、京都国際の上野は、初球の直球を左翼に放り込んだ。「内角に張っていた」という高校通算11号2ランの余韻が残るなか、中村泰河三塁手(3年)が2者連続本塁打を右翼に運び、コールド勝ちを決めた。

 村野優士中堅手(3年)の2ランを含めて3発の祝砲が飛び交った。6月11日に、小牧監督の妻・弥生さんが何と四つ子を出産した。夢來(みらい)ちゃん、夢実(みなみ)ちゃんの女の子2人と、大将くん、大倭(やまと)くんの男の子2人。指揮官は「(夫婦で)名前を考えるのも大変でした」と、うれしい悲鳴を上げた。

 親交がある元日本ハム投手の芝草宇宙氏が名付けた長男・勇翔(ゆうしょう、3つ)くんと合わせて7人家族になった。小牧監督は「3年生は初めて本格的にスカウティングをした1期生。勝ちにいく年です」と、春夏通じて初の甲子園出場に燃えている。

 上野は初回に相手先頭打者の遊ゴロを失策。守備に定評がある主将は「入りが悪くなってしまった」と反省したが、2―0の2回2死一、二塁で2点二塁打を放つなど、2安打4打点で挽回した。5月の近畿大会後に打撃フォームを改造。軸足に体重を残して打つようにした結果、5月の京都大会終了後から9本塁打も量産している。

 強いプロ志望の上野は、7球団が視察した中でアピールに成功。監督への出産祝いは「甲子園に連れていくことです!」と、ナインの思いを代弁した。(伊井 亮一)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請