【ディズニー報知】デビュー85周年のドナルドダックが王様になった…TDL「オー!サマー・バンザイ!」

TDLの夜のショー「オー!サマー・バンザイ!」で王様になったドナルドダック(中)(ミッキー(右)とグーフィー(左)が脇を固める=カメラ・橘田 あかり)
TDLの夜のショー「オー!サマー・バンザイ!」で王様になったドナルドダック(中)(ミッキー(右)とグーフィー(左)が脇を固める=カメラ・橘田 あかり)
TDLシンデレラ城前に6年ぶりにステージが組まれ夜のショー「オー!サマー・バンザイ!」で炎が上がった
TDLシンデレラ城前に6年ぶりにステージが組まれ夜のショー「オー!サマー・バンザイ!」で炎が上がった
ドナルドダック・サンドのスペシャルセット(スーベニアランチケース付き2050円)
ドナルドダック・サンドのスペシャルセット(スーベニアランチケース付き2050円)

 東京ディズニーランド(TDL)の夏のスペシャルイベントが一新された。メインは夜のショーで、主役は今年デビュー85周年を迎えたドナルドダック。昨年まで7年続いた「ディズニー夏祭り」のタイトルが「ドナルドのホット・ジャングル・サマー」となり、シンデレラ城前に6年ぶりにステージが出現。夜の新ショー「オー!サマー・バンザイ!」で王様になったドナルドが、大量の水しぶきと燃え上がる炎で大騒動を繰り広げている。(酒井 隆之)

 カラフルなジャングルを舞台に、大量の水しぶきと燃え上がる炎を使用した熱気あふれる新たな夜のステージショー「オー!サマー・バンザイ!」(約20分、1日2回公演)。リーダーのミッキーマウスを差し置いて、ドナルドダックがジャングルの王様になる。「オー」「サマー」は「王様」というディズニーらしからぬベタなシャレだが、いたずら好きのドナルドが主役だから何でもありだ。

 シンデレラ城前のキャッスル・フォアコートにステージが組まれ、ステージショーが公演されるのは2013年の「爽涼鼓舞」以来、6年ぶりのこと。これは14年からシンデレラ城のプロジェクションマッピング「キャッスル・プロジェクション」が恒例化され、ステージが邪魔になったためで、昨年までのショーはフロートに乗って周辺を移動していた。

 だが、今年の夜はプロジェクションとステージショーが合体。12年から続いていた「ディズニー夏祭り」というタイトルが消え、「ドナルドのホット・ジャングル・サマー」に一新された。ホットすぎるドナルド推しだ。

 今年はドナルドのデビュー85周年でもある。ディズニーの短編アニメ映画「かしこいメンドリ」が米国で劇場公開されたのが1934年6月9日。誕生日なら85歳だが、デビュー当時は少なくとも少年なので、あくまでも永遠の少年だ。ちなみにミッキーマウスは1928年11月18日の「蒸気船ウィリー」がデビューだから6年先輩になる。

 昨年は、6月に東京ディズニーリゾート(TDR)で、ドナルドの誕生日を祝う「ドナルドの“ハッピーバースデー・トゥ・ミー!”」が初開催されたが、今年は節目であるにもかかわらず開催されなかった。悲しんだドナルドファンにとっては、夏にスペシャルな展開が待っていた形だ。

 TDRを運営するオリエンタルランド(OLC)広報部では「昨年はTDR35周年で“Happiest Celebration!”というお祝いがテーマでしたから」と話し、ドナルドではなくTDRの特別な年のイベントだったようだ。だから、今年もドナルドの85周年記念とはあおっていない。ということは、ドナルドの主役は今年に限らないということ。過去には東京ディズニーシー(TDS)で夏のショー「ミニーのトロピカルスプラッシュ」が13年から4年続いた例がある。来年については9月頃に決定されるが、ドナルドが大失敗を起こさなければいいが…。

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。1デーパスポートはTDL、TDSそれぞれ大人7400円ほか。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

TDLの夜のショー「オー!サマー・バンザイ!」で王様になったドナルドダック(中)(ミッキー(右)とグーフィー(左)が脇を固める=カメラ・橘田 あかり)
TDLシンデレラ城前に6年ぶりにステージが組まれ夜のショー「オー!サマー・バンザイ!」で炎が上がった
ドナルドダック・サンドのスペシャルセット(スーベニアランチケース付き2050円)
すべての写真を見る 3枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請