【球宴】オリックス・吉田正がHRダービー決勝進出…衝撃の4振4発で巨人・坂本勇を下す

本塁打競争の決勝進出を決めた吉田正尚(カメラ・中島 傑)
本塁打競争の決勝進出を決めた吉田正尚(カメラ・中島 傑)

◆マイナビオールスターゲーム2019 第1戦(12日・東京D)

 第1戦の試合前にホームランダービー(制限時間2分)が行われ、オリックス・吉田正尚外野手(25)が決勝に進出した。

 準々決勝第1試合は巨人・坂本とロッテ・レアードが対戦。坂本が4発を放って、2発のレアードを下して準決勝に進出した。第2試合ではヤクルト・村上の4発に対し、吉田正が看板直撃を含む5発を放ち、先輩の貫禄を見せた。

 準決勝では坂本が3発を放ったが、吉田正は4スイングで4発を右翼スタンドへとたたき込んで勝利。わずか30秒で勝負を決めた吉田正は「バッティングピッチャーの方が打ちやすくて、思い切りスイングしました。この後の試合でもホームランを打てるように頑張ります」とコメントした。

 別ブロックの準々決勝と準決勝、そして決勝戦は第2戦が行われる甲子園で実施される。準々決勝の対戦カードは第一試合がDeNA・筒香―西武・山川、第2試合が広島・鈴木―西武・森となる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請