馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

涼しくても暑い最終週に(函館)

 こんにちは、坂本です。今週も函館から、よろしくお願いいたします。

 さて、先週と比べて雨が少なかった感じでしたが、今日は朝から小雨がぱらつき、お昼頃からは傘無しには出歩けないくらいの雨が降っています。土曜日に降る予報だった雨が早まったようですが、晴れ間は期待できないようですので、函館記念は道悪は避けられなさそう。それを頭に入れて、予想の印を考えています。

 函館と言えば温泉でも有名ですが、なかなか行く時間を見つけることができていません。来る日も来る日も“ししおどし”のように表面張力になるまで注いでもらった日本酒を口で迎えにいっているせいか、首の痛みに悩まされている次第です。でも先ほど、コンビニで見つけた首に貼るカイロを購入して使ったところ、これがなかなかいいんですね。肩凝りにお悩みの方にはオススメですよ。

 それではそろそろ本題へ。来週で2回函館開催も最終週ですが、日曜5Rの新馬戦(芝1800M)は好メンバーがそろいそうです。すでに取り上げている木村厩舎の【ダーリントンホール(牡、父New Approach)】のほか、和田正厩舎の【ノーエクスキューズ(牡、父エピファネイア、母シーディドアラバイ)】はルメール騎手でスタンバイしています。名スプリンターのサクラバクシンオーを送り出したサクラハゴロモが3代母にいる血統で、新種牡馬エピファネイアとの配合は奥がありそうな感じがしますね。1週間前追い切りを現地でチェックした和田正調教師は「いい追い切りができたと思います。今のところ落ち着きもありますし、パワーもありそうですね」と好感触でした。菊沢厩舎の【エレガントチャーム(牝、父ルーラーシップ、母オリエントチャーム)】も、吉田隼騎手で予定しています。こちらも現地に駆けつけた菊沢調教師は「動きとしては十分」と、1週前追い切りのトーンは高かったです。G1馬のペルシアンナイトの半妹で、ハイレベルなメンバーとなるでしょう。

 来週に函館2歳Sが控えているため、やや今週の新馬戦は少頭数になりましたが、14日の函館5R新馬戦(芝1800M)は、須貝厩舎の【サトノゴールド(牡、父ゴールドシップ)】と注目馬がいます。最終追いに騎乗した武豊騎手は「かなり気性が幼いけど、潜在能力はありそうな感じで、乗り味がいい」と評価。父が新馬勝ちした函館の地で、どんな走りをするか注目ですね。

 13日の函館5R新馬戦(芝1200M)では、個人的に【シセイイワイ(牝、父ヴィクトワールピサ、母ブライアンズイブ)】に注目しています。近親には重賞2勝馬のゼーヴィントの名前を見つけることができます。パワータイプの父に、母の父ブライアンズタイムなら、洋芝の舞台は合いそう。ルーキーの亀田騎手は「馬なりの追い切りでしたが、走りっぷりが良かったですよ」と、いい感触をつかんでいました。

 また今日の函館のゲート試験では、池添兼厩舎の【メイショウミモザ(牝、父ハーツクライ、母メイショウベルーガ)】が合格していました。今年の報知杯弥生賞を制したメイショウテンゲンの半妹にあたります。今後について池添兼師は「順調なら、札幌開催で」とデビュー時期の見通しを語っていました。

 それでは今日はこのへんで。

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請