【神奈川】桐蔭学園が初戦突破…公式戦初出場の1年生・木本が先頭打者弾&先発・伊礼が17K完封

◆第101回全国高校野球選手権神奈川大会▽1回戦 桐蔭学園9―0横浜立野(12日・サーティーフォー相模原球場)

 昨秋の関東王者で、今春センバツ出場の桐蔭学園が初戦突破を決めた。

 小雨が降りしきるサーティーフォー相模原球場に快音が鳴り響いた。「1番・二塁」で公式戦に初出場した木本圭一(1年)は初回に、左越えの先頭打者本塁打を放った。ルーキーは初回の本塁打を含む3安打4打点で勝利に大きく貢献した。「打ったのは高めのストレート。風があって伸びてくれた」と、公式戦初打席に放った一発を振り返った。

 投げてはエース左腕・伊礼海斗(3年)が17三振を奪い、9回5安打で完封した。試合後、片桐健一監督は「伊礼がアウトを1つ1つとってくれて、頼もしいピッチングをしてくれた。木本は自分ができていた。今日の内容に満足することなくやってほしい」と投打のヒーローをたたえながらも、「1つ1つ勝っていく。それだけです」と次戦へ向け気を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請