フット・後藤「アメトーーク!」に不思議な形で登場…宮迫の部分を後から演じた?とネットで話題

フットボールアワー・後藤輝基
フットボールアワー・後藤輝基

 11日放送のテレビ朝日系「アメトーーク!」(木曜・後11時35分)にフットボールアワーの後藤輝基が“不思議”な形で登場し、ネット上で話題になっている。レギュラー司会を務めていた雨上がり決死隊・宮迫博之が特殊詐欺グループの宴会に「闇営業」で出席し、謹慎処分を受けてから3回目の放送。宮迫の相方で司会の蛍原徹の(画面上の)左側に、人物の腕が何度も映り込むなど、今回も宮迫の出演シーンをカットして編集したことをうかがわせたが、それに加えて後藤の出演の仕方が奇妙な印象を与えたからだ。

 番組では「喫茶店大好き芸人」をテーマにロバート・秋山竜次、ピース・又吉直樹、千原ジュニアらがスタジオ出演。始まって間もなく、後藤が「ゲスト」というテロップ付きで現れ、蛍原とともに司会に加わった。ところが後藤が画面に映るときは必ず単独で、他の出演者と一緒のショットはないまま、芸人らの話に「えっー?」「いやあ、それはやったことないな~」などと反応。ただ、一同が爆笑するシーンでは蛍原と後藤の画面が別々に並んだ。

 ツイッター上では「後藤、別撮りで宮迫と同じセリフ喋ってる説。」などの投稿が相次ぎ、中には番組のいくつかの場面の画像を貼り付けて「ホトちゃんの隣を上手く隠しつつ、後藤に同じ色の上着を着せて後藤だけワンショットでしか映さないってことは、後藤は別に撮ってるよね。これ、収録した時のM迫の発言を後藤は言い直してんのかな??」と詳しく推理するコメントも見られた。

 さらに「きっとあの事件があったから、宮迫さんが回した部分を代わりに後藤さんで撮り直したんでしょうね。映像とうまく絡んでる後藤さんて凄いわ。」「別撮りだったら後藤はこれプロだね」など、宮迫のコメント部分を、後藤が後から“演じた”ことを前提に、その技を賞賛する声も続出している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請