【茨城】竜ケ崎一の先発右腕・幸山が完封勝利

完封した竜ケ崎一の先発右腕・幸山
完封した竜ケ崎一の先発右腕・幸山

 ◆第101回全国高校野球選手権茨城大会第6日 ▽2回戦 竜ケ崎一2―0土浦一(12日・JOCMスタジアム土浦)

 昨秋と今春の大会で8強入りした竜ケ崎一が初戦を突破した。

 初回1死三塁から久保田智紀(3年)の右犠飛で1点を先制し、8回にも1死満塁から小倉晴生(3年)の中犠飛で1点を追加した。

 先発右腕・幸山耀平(3年)は6安打の完封勝利。「初戦ということもあったし今日は80点。100点ではない」と振り返った。楽天・岸に憧れ、ストレートを勉強。最速は135キロだが「質のいい球を意識している」という。 

 津脇義明監督(53)は、3つの盗塁を阻止した中村廉捕手(2年)を立役者にあげ、「あんなの見たことない。ものの見事でした」と称賛し、幸山についても「チームの中心。信頼は置いている」と次の試合も期待を寄せた。初戦を突破し勢いがついた竜ケ崎一が夏10回目の甲子園出場を目指す。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請