エンゼルス・大谷が後半戦へ向けて「昨年以上の活躍が出来るように」…13日から後半戦スタート

国際市民賞を受賞した大谷と「こんまり」こと近藤麻理恵さん
国際市民賞を受賞した大谷と「こんまり」こと近藤麻理恵さん

 エンゼルス・大谷翔平投手(25)が11日(日本時間12日)、南カリフォルニア日米協会の国際市民賞を受賞し、本拠地のエンゼルスタジアムで行われた祝賀晩餐会に出席した。

 スーツ姿で会場入りした大谷は、レッドカーペットを通って登場。参加した約500人からは、大きな拍手も送られた。片付けコンサルタントで著書「人生がときめく片づけの魔法」が世界的に話題となった「こんまり」こと近藤麻理恵さんとともに同賞を受賞。隣に並んで記念撮影も行った。

 オールスターブレイクのため、7日(日本時間8日)のアストロズ戦を最後に4日間のオフに入った大谷。7日には14号を打ちながらも体調不良を訴えていたが、この日のスピーチでは笑顔も見せながら「このような伝統と名誉のある賞を頂けて本当に光栄だなと思っています。明日からシーズン後半が始まりますけど、昨年以上の活躍が出来るように、明日からまた頑張っていきたなと思っているので応援よろしくお願いします」などと意気込みを口にした。

 前半戦は5月7日からメジャーに復帰。53試合に出場して14本塁打38打点、打率3割3厘の成績を残した。後半戦は12日(日本時間13日)の本拠地・マリナーズ戦からスタート。14日(同15日)には菊池雄星投手(28)との今季2度目の対戦も予定されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請