平野美宇、中国選手に逆転勝ちでオーストラリアOP2回戦へ 男子は初戦敗退

 卓球のワールドツアー、オーストラリアオープンは11日、ジーロングで男女シングルス1回戦などが行われた。女子は平野美宇(日本生命)が昨年の世界ジュニア女王の銭天一(中国)に4―2で勝利。2ゲームを連取されたが、逆転勝ちを収めた。2回戦は伊藤美誠(スターツ)と対戦する。

 石川佳純(全農)はツアー3大会連続の対戦となった木原美悠(エリートアカデミー)に4―0でストレート勝ち。2回戦で佐藤瞳(ミキハウス)と当たる。予選から出場の松平志穂(日本ペイントホールディングス)は4―3でスッチ(ベラルーシ)を破った。

 男子は含む日本勢6人がいずれも初戦で姿を消した。シード選手では張本智和(木下グループ)が王楚欽(中国)に0―4、水谷隼(木下グループ)がグロート(デンマーク(に2―4、丹羽孝希(スヴェンソン)は林ユン儒(台湾)に3―4で敗戦。吉村和弘(名古屋ダイハツ)、及川瑞基(専大)、宇田幸矢(エリートアカデミー)も敗れた。この種目で1選手も初戦を突破できなかったのは、今年のツアーで初めて。

 混合ダブルスの水谷、伊藤組は1回戦を不戦勝。女子ダブルスの平野、芝田沙季(ミキハウス)組と木原、長崎美柚(エリートアカデミー)組は初戦を突破したが、男子ダブルスの張本、丹羽組はドイツペアにフルゲームで敗れた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請