ナダルVSフェデラー40回目の決戦 ウィンブルドンでは2008年決勝以来

フェデラー(左)とナダル(ロイター)
フェデラー(左)とナダル(ロイター)

◆テニス ウィンブルドン ◆第11日(12日、ロンドン・オールイングランドクラブ)▽注目カード ラファエル・ナダルVSロジャー・フェデラー

 男子シングルス準決勝は世界ランク2位のラファエル・ナダル(33)=スペイン=VS世界ランク3位のロジャー・フェデラー(37)=スイス=となった。2人の初対戦から15年が経ち、今回が40回目。過去は24勝15敗でナダルがリードしているものの、芝コートではフェデラーが2勝1敗となっている。

 ウィンブルドンで顔を合わせるのは2008年決勝以来。この試合はナダルが勝利したものの6―4、6―4、6―7、6―7、9―7という壮絶な展開で伝説に残る1戦にもなっている。

 男子シングルス最多9度目のVを狙うフェデラーは「芝コートでは長い間、(ナダルと)戦っていません。彼は以前と全く異なるプレーをしている。難しくなるだろう。彼はクレーコートのスペシャリストであるだけではない」と警戒。ナダルは「芝コートで最高の選手と対戦できることに期待しています」と話した。

 決勝進出を決めれば4大大会通算でフェデラーは歴代最多の31回、ナダルは歴代2位の27回目となる。

 ◆ウィンブルドンは7月1~14日、WOWOWで連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請