【フレッシュ球宴】吉田輝、小園に先頭打者アーチ 宣言通りの直球勝負「衝突事故」

1回、小園(左)に先頭打者本塁打を打たれた吉田輝(カメラ・相川 和寛)
1回、小園(左)に先頭打者本塁打を打たれた吉田輝(カメラ・相川 和寛)
5回、巨人のヘルメットをかぶって一塁コーチを務める吉田輝。ベンチに巨人のものしか用意されていなかったという
5回、巨人のヘルメットをかぶって一塁コーチを務める吉田輝。ベンチに巨人のものしか用意されていなかったという

◆フレッシュオールスターゲーム ウエスタン選抜5―1イースタン選抜(11日・楽天生命パーク)

 フレッシュオールスターゲームが11日、楽天生命パークで行われ、高卒黄金ルーキーの吉田輝(日)、藤原(ロ)、根尾(中)、小園(広)が集結。小園が吉田輝から、高卒新人では史上初となる初回先頭打者アーチを放ち、最優秀選手賞(MVP、賞金100万円)を獲得した。試合はウエスタン選抜が勝ち、通算成績を29勝20敗6分けとした。また高卒新人4選手が、ここまでのプロ生活を自己採点した。

 宣言通りの直球勝負だ。吉田輝は初回1死、中日・根尾を真ん中高め147キロで空振り三振に斬った。昨夏の甲子園で中越え2ランを浴びたライバルを3球三振に仕留め「自信になる。高校時代から成長できたことが分かった」と胸を張った。

 先頭の小園に一発を浴び「あれはしょうがない。衝突事故」と苦笑したが、1回2安打1失点。左腰の違和感からの復帰登板でプロ入り後の最速タイの149キロを記録するなど、全18球が直球だった。リハビリ中に新調した練習用グラブには「覇」と刺しゅうし「試合を制覇するイメージ。自分のピッチャー像がそんな感じ」。直球勝負はその“覚悟”の表れだったのかもしれない。

 今後は2軍で調整を進めていく。「結果を出して早く1軍でやりたい」。2勝目を目指す後半戦の再昇格へ、大きな収穫を得た。(小島 和之)

1回、小園(左)に先頭打者本塁打を打たれた吉田輝(カメラ・相川 和寛)
5回、巨人のヘルメットをかぶって一塁コーチを務める吉田輝。ベンチに巨人のものしか用意されていなかったという
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請