84歳・ノムさん「代打・オレ」 普段は車いすもヤクルトOB戦で爆笑サプライズ

4回、代打で打席に立った野村克也監督(手前)を驚きの表情でみつめる(後方左から)真中満、川崎憲次郎、古田敦也、池山隆寛(カメラ・清水 武)
4回、代打で打席に立った野村克也監督(手前)を驚きの表情でみつめる(後方左から)真中満、川崎憲次郎、古田敦也、池山隆寛(カメラ・清水 武)
始球式をしたタレントの出川哲朗は、ズボンが脱げてしまい慌てて股間を手で隠した
始球式をしたタレントの出川哲朗は、ズボンが脱げてしまい慌てて股間を手で隠した
5回を抑えた内藤尚行はボールをくわえて喜ぶ
5回を抑えた内藤尚行はボールをくわえて喜ぶ

◆Swallows DREAM GAME GOLDEN 90’S3―6LEGENDS=特別ルール=(11日・神宮)

 えっ! 代打、ノムさん? ヤクルト球団設立50周年を記念したOBによる初のスペシャルマッチ「Swallows DREAM GAME」が11日、神宮で行われた。「GOLDEN 90’S」を率いた野村克也監督(84)は自ら代打に立つサプライズ。2万7727人の観衆を喜ばせた。

 小雨が降り注ぐ神宮の杜(もり)がどよめきに包まれた。4回先頭。「バッター・野村」のコールに、球場の誰もが耳を疑った。ノムさんは足腰に衰えが見られ、移動には車いすを使用していたはずだが…。古田や川崎、真中に支えられ、打席に向かうと、強打者の血が騒いだ。

 投手・松岡健のスローボール。初球は見逃しストライク。2球目、果敢にバットを振った。空振りだ。すると相手ベンチから「申告敬遠」という粋な指令が―。再び支えられてベンチに戻る知将に、満員の客席からねぎらいの拍手が送られた。

 「打ちたかったね。久しぶりに打ちたかった。バーンとセンターオーバーのホームランをね。でも、年齢には勝てない」。演出家はヘッドコーチの古田だ。「グラウンドでノムさんの雄姿を見たい」というファンの声を聞き、試合前に打診。「やるか」と快諾された。野村が打席に立つのは西武時代、現役最終打席となった80年10月4日のロッテ戦(川崎)以来、1万4159日ぶり。選手としてヤクルトに在籍経験がないため、「ヤクルト・野村克也」としては“初打席”となった。

 90~98年に指揮官を務め、リーグ優勝4度、日本一3度の黄金期を築いた神宮の一塁ベンチにどっしりと腰掛けた。老いは隠せないが、気持ちは若い。左手にはダイヤモンドがちりばめられたフランク・ミュラーの高級腕時計を光らせる。「今でも肉を食うよ。代官山の小川軒の肉は最高なんだ」。よく食べ、よく寝る。だから、よく働ける。

 野村と書いて「ボヤキ」と読む。令和初采配を終えると、借金14の最下位に沈む古巣に向け、言った。「最下位なんてケシカラン。多くのお客さんを失望させちゃダメだ。小川、しっかりせい!」。夢の夜、主役は84歳。愛情あふれるボヤキで締めた。(加藤 弘士)

 ◆表彰選手 ▽最優秀選手賞 岩村明憲▽優秀選手賞 池山隆寛、A・ガイエル▽オープンハウス特別賞 池山隆寛

4回、代打で打席に立った野村克也監督(手前)を驚きの表情でみつめる(後方左から)真中満、川崎憲次郎、古田敦也、池山隆寛(カメラ・清水 武)
始球式をしたタレントの出川哲朗は、ズボンが脱げてしまい慌てて股間を手で隠した
5回を抑えた内藤尚行はボールをくわえて喜ぶ
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請