【尾車親方の目】高安、スピードも流れも良かった

阿炎(右)を押し出しで下す高安
阿炎(右)を押し出しで下す高安

◆大相撲名古屋場所5日目 ○高安(押し出し)阿炎●(11日・ドルフィンズアリーナ)

 高安はしっかりと足が出ていた。阿炎が右上手を大きく取りにきても慌てることなく、突き返して引き技に乗じて一気に押し出した。落ち着いていてスピードも流れも良かった。2日目、竜電に取り直しで寄り倒された時は動きが鈍いと思った。やっと復調の兆しが見えてきた。

 腰が高い悪い癖は相変わらず。本来は胸で当たる立ち合いで相手をはじき飛ばすのが理想。それが、腰が高いので顎が上がってしまい、相手に圧力が伝わっていない。そういう意味では今場所は阿炎との一番で見せた左を差す立ち合いがいいと思う。長い相撲にならないことも今後の課題だ。腰痛という持病があり、長い相撲になると腰が浮いて半身、腰にギプスを巻いたような棒立ちで攻め手を失ってしまう。現状は早い相撲がベストだろう。

 全勝の2横綱を脅かすのが大関というものだ。高安には2横綱に必死に食らい付いていく責任がある。(スポーツ報知評論家)

5日目の取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請