馬場雄大、5分半プレーも無得点「次に生かしたい」…NBAサマーリーグ

クロアチア代表戦に途中出場した馬場(共同)
クロアチア代表戦に途中出場した馬場(共同)
馬場雄大
馬場雄大

 米プロバスケットボールNBAで若手の登竜門となるサマーリーグ第6日は10日、ネバダ州ラスベガスで行われ、Bリーグからマーベリックスの一員として参加の馬場雄大(23)=A東京=はクロアチア代表戦で約5分半プレーし、無得点だった。チームは79―71で勝った。ペリカンズで参加の比江島慎(28)=栃木=は、キャバリアーズ戦で約5分プレーし得点がなかった。チームは99―78で勝利した。

 馬場は第3クオーター残り4分15秒から出場。早い段階でアシストを決めたが、自らのシュートは、持ち込んで相手守備と当たったあとに放った1本のみで、決められなかった。「空いていたら行くし(敵が)寄ってきたらパスを飛ばす」と話していた通り、ゴール下に突っこんで外にパスするなど、味方を生かすことにも気を配った。接触プレーで右肩を痛め、チームによると次の試合に出るかどうかは様子を見て決める。馬場は「フィジカルの強さという洗礼かなと思う。次に生かしたい」と話した。

クロアチア代表戦に途中出場した馬場(共同)
馬場雄大
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請