【ヤクルト】OB戦の「代打・野村克也」は古田ヘッドのアイデア…「いつまでもボヤいていただきたい」

試合前、ベンチで談笑する野村克也監督(右)と古田敦也ヘッドコーチ
試合前、ベンチで談笑する野村克也監督(右)と古田敦也ヘッドコーチ

 球団創設50周年を記念する、ヤクルト球団初のOB戦「スワローズドリームゲーム」が11日、神宮球場で行われ、野村克也監督(84)が指揮官を務める「GOLDEN 90’s」と若松勉監督(72)率いる「Swallows LEGENDS」の2チームに分かれ、雨天の中で熱戦が展開された。

 野球解説者の古田敦也氏はヘッドコーチを務め、野村監督との“師弟タッグ”復活となった。「代打・ノムさん」は古田氏の粋なアイデアだった。

 「野村さんの雄姿を見たいというファンの声があったものですから。試合前にダメモトで言ったら『やるか!』とおっしゃってくれた」

 その結果、名将は2球目にまさかのスイング。「立つのもできないとおっしゃっていたのに、振りましたからね…。僕らも元気をいただけました。いい時間だったです。ありがたかった」。恩師と過ごした「夢の時間」を終え、「野村さんにはいつまでもボヤいていただきたい」と笑顔だった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請