【日本ハム】吉田輝星、中日・根尾を3球三振で昨夏のリベンジ成功…先頭打者弾には「衝突事故」と苦笑

1回無死、小園海斗が右越えソロ本塁打(投手・吉田輝星)
1回無死、小園海斗が右越えソロ本塁打(投手・吉田輝星)

◆フレッシュオールスターゲーム ウエスタン選抜5―1イースタン選抜(11日・楽天生命パーク)

 イースタン選抜で先発を務めた日本ハムの吉田輝星投手(18)は、1回を投げて2安打1失点の内容だった。

 初回先頭の広島・小園に右越えの先頭打者弾を浴びたが、1死から昨夏の甲子園で中越え2ランを浴びた中日・根尾は直球を3球続けて空振り三振に仕留めて、リベンジに成功。全18球が直球と強気の投球でウエスタン選抜に挑み、スタンドを沸かせた。

 小園とは試合前から直球勝負を伝えていたといい、「あれはしょうがないです。あいつ(小園)も真っすぐしか狙っていないと思う。衝突事故みたいなもの」と苦笑い。一方、根尾からの空振り三振は高めの直球を振らせて奪ったものとあって、「あそこの高さを振るということは、よっぽどいい球が行っていたのかなと思う。これからの自信になります」と胸を張った。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請