中谷正義、アウェー米国での世界切符獲得へ自信。日本時間20日ゴング

世界挑戦者決定戦へ向けて最終調整する中谷
世界挑戦者決定戦へ向けて最終調整する中谷

◇プロボクシング▽IBF世界ライト級(61・2キロ以下)指名挑戦者決定戦 同級3位・中谷正義―同級4位・テオフィモ・ロペス(19日、米メリーランド州・MGMナショナルハーバー)

 東洋太平洋ライト級王座を11度防衛し、世界初挑戦を狙う中谷正義(30)=井岡=が11日、大阪市内の所属ジムで最終調整した。既に100ラウンドを超えるスパーリングを打ち上げ、この日はミット打ちなどで汗を流した。中谷は18勝(12KO)、相手のテオフィモ・ロペス(21)=米国=は13勝(11KO)と無敗対決。中谷はプロ初の海外戦となるが「日本もアメリカも同じリング。おそらくKO決着になる。前半からKOを狙いにいく」と息巻いた。

 6月に興国高、井岡ジムで同期の井岡一翔(30)=Reason大貴=が日本人初の世界4階級制覇に成功。アストン・パリクテ(フィリピン)とのWBOスーパーフライ級王座決定戦で10回、カウンターパンチを効かせた直後、一気にたたみかけてTKO勝ちした。テレビ観戦した中谷は刺激を受け「一翔はさすがだと思った。僕もチャンスが来た時には一気に決めたい。ロペスに穴はある」ときっぱり。

 勝者はIBF世界同級王者のリチャード・コミー(32)=ガーナ=への挑戦権を得る。中谷の“世界獲り”の戦いがいよいよスタート。14日に日本を出発し、決戦の地へ向かう。

 ◆中谷 正義(なかたに・まさよし)1989年3月8日、大阪市生まれ。30歳。小学3年から空手に励み、中学3年時にアポロジムでボクシングを始める。大阪・興国高では、のちの世界4階級王者・井岡一翔と同期で、3年時に高校総体ライト級8強。近大ボクシング部などを経て、2011年6月、井岡ジムからプロデビュー。14年1月、東洋太平洋ライト級王座を奪取し、11度防衛中。身長182センチの右ボクサーファイター。家族は両親と弟。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請