【巨人】原監督「お前さんがいると使いたくなっちゃう」マシソンに与えた休養

巨人の原辰徳監督
巨人の原辰徳監督

 巨人・原監督は、10日の前半戦最終戦・阪神戦(甲子園)でスコット・マシソン投手(35)をベンチから外した。

 マシソンは感染症「エーリキア症」を克服して6月に1軍昇格。その後、右内転筋肉離れで登録抹消となり、7日のDeNA戦(東京D)で19日ぶりに1軍登板。9日の阪神戦(甲子園)まで3連投した。

 原監督は10日の阪神戦でマシソンをベンチ外とし、後半戦に向けリフレッシュする時間を与えた。一夜明けたこの日は遠征先の関西から帰京し「1日早めに帰らせたら喜んだ。『ちょっとスコットね。お前さんがいると使いたくなっちゃうから、帰ってくれ』とね」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請