【ヤクルト】OB戦の「代打・野村克也」に神宮騒然…ヤクルト初打席は「申告敬遠」

4回無死、代打で打席に立った野村克也監督(中、左から真中満、川崎憲次郎、1人おいて古田敦也、池山隆寛
4回無死、代打で打席に立った野村克也監督(中、左から真中満、川崎憲次郎、1人おいて古田敦也、池山隆寛

 球団創設50周年を記念する、ヤクルト球団初のOB戦「スワローズドリームゲーム」が11日、神宮球場で行われ、野村克也監督(84)が指揮官を務める「GOLDEN 90’s」と若松勉監督(72)率いる「Swallows LEGENDS」の2チームに分かれ、雨天の中でプレイボールが宣告された。

 満員の神宮が騒然としたのは4回裏の先頭だ。「バッター・野村」とのコールに、どよめきが起きた。足腰に衰えが見られるノムさんは、愛弟子である古田氏や川崎氏、真中氏に支えられ、バッターボックスへ。投手・松岡健一との勝負。初球は見逃しストライク。2球目は空振りストライクの後に「申告敬遠」がコールされると、ねぎらいの拍手が球場を包み込んだ。

 なお、野村氏はヤクルトで選手経験がないため、「ヤクルト・野村克也」としては“初打席”となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請