【ヤクルト】名誉会員第1号の出川哲朗がOB戦で始球式「ヤクルトの順番のつけ方はおかしいでしょう!」

始球式をした出川哲朗
始球式をした出川哲朗

 球団創設50周年を記念する、ヤクルト球団初のOB戦「スワローズドリームゲーム」が11日、神宮球場で行われ、野村克也監督(84)が指揮官を務める「GOLDEN 90’s」と若松勉監督(72)率いる「Swallows LEGENDS」の2チームに分かれ、雨天の中でプレイボールが宣告された。

 始球式にはファンクラブの名誉会員第1号でもあるタレントの出川哲朗(55)が登場。ファン歴は43年にも及ぶが、ヤクルト戦の始球式は初めてとなった。子どもの頃から好きだったサウスポー・安田猛氏から白球を譲り受け、第1投。大きく振りかぶったとき、ズボンが下がってパンツが見えてしまう「お約束」に、満員のスタンドは爆笑に包まれた。

 「公式戦と変わらないぐらい緊張しました。30球ぐらい練習しましたね。それで疲れて、ワンバンになっちゃいました。ズボンのサイズを決めるのが大変でした」

 出川はヤクルトの名誉会員第1号。第2号が作家の村上春樹氏、第3号がシンガー・ソングライターのさだまさしである点に言及し、「俺が1号って…ヤクルトの順番のつけ方はおかしいでしょう! 家庭的なヤクルトらしい。温かい球団だと思います」と感謝した。

 試合前は野村克也氏、古田敦也氏に囲まれてのスリーショット撮影にも成功。「こんなチャンス、めったにない。奇跡のスリーショットです。お二人が仲良く喋っている光景を見られただけで、本当にうれしかった」と感無量だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請