【巨人】田口、7回連続K…9連戦で7試合登板「23歳なのでこれぐらいは投げないと」

ファンの声援に応える田口麗斗(カメラ・泉 貫太)
ファンの声援に応える田口麗斗(カメラ・泉 貫太)

◆阪神1―4巨人(10日・甲子園)

 田口が魂の5連投だ。3点リードの7回1死から登板し、近本を空振り三振、上本は外角の直球で見逃し三振に仕留め、ガッツポーズを見せた。この9連戦中、7試合に登板し、この間、1失点に抑えた。「まだ23歳なのでこれぐらいは投げないと。緊迫した試合で投げさせていただくのは幸せです」と話した。

 今季は先発としてスタートしたが、開幕ローテ入りができず2軍スタート。1軍では中継ぎ、先発を経て交流戦明けからはリリーフに定着した。この日は連投の疲労も重なり「体がちょっと硬くて重かった。これは動かないなと思って」と自分の体の調子をしっかりと調整。試合前練習ではランニングを多くこなし、試合に万全な状態で臨めるように備えた。「1軍で試合に携われるだけで今は幸せ。それが一番かなと思う」と勝利を喜んだ。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請