【巨人】坂本勇25発63打点で2冠 初回バントなし原野球象徴「強打の2番」

2回2死満塁、2点打を放ち塁上で笑顔を見せる坂本勇(カメラ・馬場 秀則)
2回2死満塁、2点打を放ち塁上で笑顔を見せる坂本勇(カメラ・馬場 秀則)

◆阪神1―4巨人(10日・甲子園)

 練習中にイメージした通りだった。坂本勇は大振りせず、バットの芯で捉えることに集中した。2―0の2回2死満塁。カウント2―2からメッセンジャーの速球を中前に運んだ。「みんながつないでくれたのでコンパクトにいきました。打てて良かったです」。自身12打席ぶりの安打が2点適時打。リードを4点に広げ試合の主導権を握った。

 前日9日までの阪神2連戦は無安打だった。この日の試合前フリー打撃は、原点のセンター返しを徹底。いつも以上に中前に強烈なライナーを連発してうなずき、何か手応えを得た様子だった。9回は島本から右前安打でセ・リーグ単独トップに立つ今季97安打目。原監督の「まあ、打ちますよ」という短い賛辞に、絶大な信頼が表れていた。

 4年ぶりに復帰した原監督が就任以来ポイントに挙げてきたのが「2番を誰にするか」だった。「2番吉川尚になるのか、順当に考えればそうなるんだろうけど、それじゃああまり面白くないなと。どちらかというとそういう人たちが2番て感じがするじゃない」と常識をぶち破り、強打の2番を模索。吉川尚、坂本勇の1、2番で開幕し、坂本勇は前半戦80試合中、61試合に2番で先発出場した。

 原監督が目指したのは「初回に複数点を取りにいく野球」。指揮官は「あまり初回のバントは好きではない。なぜならば2点を取りにいくんだと。最初からバントでアウトカウントを1個上げたら相手投手は楽だろう」と重圧をかけ続けた。前半戦、巨人で初回に1番が出塁して2番が犠打は山本の1度だけ。2番・坂本勇では計20度で一度もバントはなく、初回無死一塁で先制2ランもあった。

 「打順はどこでもやることは変わらない」という坂本勇は今季、全試合先発出場で打率3割3厘。25本塁打、63打点のリーグ2冠に最多安打だ。「接戦で勝てている。投手も粘っているので後半戦も頑張ります」。リーグ戦再開後、4番・岡本の打点0が目立たないのも、坂本勇、丸の安定感があるからこそ。原野球の象徴「強打の2番」が絶好調のチームを支えている。(片岡 優帆)

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請