【ヤクルト】“代打の神様”雄平が決勝打 好きなジャニーズの曲は意外にも…

7回に適時打を放ち、チームメートに迎えられる雄平
7回に適時打を放ち、チームメートに迎えられる雄平

◆ヤクルト7―2DeNA(10日・神宮)

 ヤクルト・雄平外野手(35)が決勝適時打を放ち、前半戦を締めた。

 同点の7回2死二塁で代打に送られると、代わったばかりの左腕ソリスの初球を思い切りよく左前へはじき返し、勝ち越しに成功した。今季は代打で10打数5安打と勝負強さを発揮。「初対戦だったけど、気持ちで負けないように初球からいきました。本当なら(ボールを)見たかったけど、それをやっちゃうと後悔する。僕にしてはうまく打てたのでびっくりしました。勝って後半につなげたかった」と喜んだ。

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の訃報を受け、試合前から「スニーカーぶる~す」「仮面舞踏会」などジャニー氏が手がけたアーティストのヒット曲の数々を惜しみなくBGMで使用。ちなみに、雄平が好きなジャニーズの曲は「(Kinki Kidsの)『薄荷キャンディー』です」。松本隆が作詞した隠れた名曲です。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請