法大、東京Vにジャイキリ 選手の士気高めたのは試合前の2つのビデオ映像だった

◆サッカー天皇杯▽2回戦 東京V0―2法大(10日・味の素フィールド西が丘)

 法大はJ2の東京Vに2―0で勝利する“ジャイアントキリング”を起こした。

 0―0の後半12分、DF関口正大(3年)の右クロスにファーサイドへ走り込んだFW松澤彰(4年)が、189センチの長身を生かしたヘディングでゴール右隅にたたき込んで先制した。「信じて走り込んでたたき付けた。一発に全てをかけました」とニヤリ。同34分にはMF橋本陸(4年)が2点目を決め、格上相手に快勝した。

 鹿島内定の日本代表FW上田綺世(3年)、F東京内定のMF紺野和也(4年)がユニバーシアード(イタリア)に出場中のため不在だったが、松沢は「(2人が)『いないから法政はダメ』というイメージをつけたくなかった」と奮起した。

 浦和ユース出身で「デカくても何でもできちゃううしなやかさがある」と元スウェーデン代表FWイブラヒモビッチに憧れる4年生。今季リーグ戦では上田の控えにまわることが多く「悔しい気持ちはあった。でも、結果を残しているのは綺世だから、割り切ってチームにプラスになるようにプレーしようと思った」と臨んだ。

 試合前のミーティングで見た2つのビデオ映像でより士気が高まった。

 1つは、イタリアで世界と戦う2人から届いたビデオメッセージ。上田から「前線の選手の活躍をネットニュースで見てます」、紺野から「みんなならJリーグのチームにも勝てる。僕らはユニバーシアードで優勝するので、お互い頑張ろう」と言葉が送られた。

 もう1つは、法大の女子マネジャーが作成した「モチベーションビデオ」だ。チームの過去の得点シーン、Jリーグチームとの練習試合の好プレーを集めた映像に、選手の気持ちを高ぶらせる音楽を乗せて編集したもの。この日は、1回戦・ブリオベッカ浦安戦(1○0)に続いて人気デュオ・ゆずの「with you」が流された。

 「きっといつか 夢をつかむその日まで~」というサビの歌詞が人気の同曲は、日本生命のCMで体操の内村航平やバレーボール女子日本代表らアスリートの映像のバックに流れる“テッパン”の応援ソング。松沢は「とても気が引き締まりましたね」と仲間の思いを力に変えた。

 今大会では、2回戦で名古屋が鹿屋体大に0―3、湘南はヴィアティン三重に0―4とJ1チームが初戦で姿を消す番狂わせが続発している。法大は3回戦(8月14日)でG大阪と対戦予定だが、「誰が出ても勝てるように準備したい」と松沢。更なる“ジャイキリ”を誓った。(星野 浩司)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請