馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 中京 函館

【ジャパンダートダービー】断然人気のクリソベリルが3馬身差圧勝 川田「いいレースで勝ってくれてホッとしています」

クリソベリルで勝利を挙げた(左から)川田将雅騎手、音無秀孝調教師(カメラ・清水 武)
クリソベリルで勝利を挙げた(左から)川田将雅騎手、音無秀孝調教師(カメラ・清水 武)

 ◆第21回ジャパンダートダービー・交流G1(7月10日、大井・ダート2000メートル、稍重)

 3歳限定の交流ダートG1は14頭立て(JRA7、南関東6、他地区1)で争われ、圧倒的な1番人気だったクリソベリル(牡3歳、栗東・音無厩舎、父ゴールドアリュール)が川田将雅騎手を背に直線半ばで抜け出し、後続を3馬身突き放してデビューから無傷の4連勝。G1初制覇を飾った。勝ち時計は2分6秒1。13年覇者の全兄クリソライトとのきょうだい制覇を達成した。

 早めに押し上げた4番人気のデルマルーヴル(戸崎圭太騎手)が2着に残り、5番人気だったミューチャリー(御神本訓史騎手)がゴール前で3着に差し込んだ。

 川田騎手(クリソベリル=1着)「もとから素晴らしい馬でしたし、目標としていたこのレースまで無事にきて、いいレースで勝ってくれてホッとしています。初めてのナイターも問題なくこなせる雰囲気でしたし、馬の具合も少しづつよくなってきています。思っていた以上に自分で進んでくれましたし、そんなに進まなくていいんだよと、なだめながらのレースでした。もっと大人の体になってくれば、さらにいい走りができるのは間違いないと思っています。無事に人気に応えて、しっかり勝ち切ってくれてホッとしています」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請