セリーナ・ウィリアムズが4強 練習中にラケットで芝を傷つけ罰金には「今日の試合に集中していた」

◆テニス ウィンブルドン 第8日(9日、ロンドン・オールイングランドクラブ)▽女子シングルス セリーナ・ウィリアムズ2(6―4、4―6、6―3)1 アリソン・リスク

 昨年大会準優勝で世界ランク10位のセリーナ・ウィリアムズ(37)=米国=が世界ランク55位のアリソン・リスク(29)=米国=に2―1で勝利し、ウィンブルドン12度目の4強入り。セリーナは今大会で優勝すると4大大会では女子シングルス最多タイで、マーガレット・コート(オーストラリア)に並ぶ24度目の制覇となる。

 初対決となったリスクから第1セットを奪うも、第2セットは第9ゲームに先にブレイクを許し4―6。ただ、第3セットは相手に第1ゲームをブレイクされるも直後の第2ゲームですぐにブレイクを仕返すなど簡単に流れを渡さず、粘り勝ち。「彼女(リスク)はこのトーナメントで本当に素晴らしいプレーをしていた」とたたえた。

 またAP通信などは8日、セリーナが大会開幕前の練習中にラケットで芝コートを傷つけたとして、大会主催者から1万ドル(約109万円)の罰金を科されたことを伝えていた。会見では質問も飛んだが「今日、私は試合のことに集中していた」と話した。

 ◆ウィンブルドンは7月1~14日、WOWOWで連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請