【日本ハム】斎藤佑樹が2か月ぶり1軍マウンドで好投「気持ちの上で変わらずに投げられた」

力投する斎藤佑樹
力投する斎藤佑樹

◆ロッテ6―1日本ハム(9日・ZOZOマリンスタジアム)

 日本ハムの斎藤佑樹投手(31)が、ロッテ戦の2番手として5月3日の西武戦(メットライフ)以来、約2か月ぶりの1軍マウンドに立った。

 先発の中村が3回途中6失点でKOされ、マウンドへ。この回を井上の左前安打のみで切り抜けると、4回は3者凡退。5回は2死から角中に左前安打を許したが、後続を断って無失点で切り抜けた。6回1死で藤岡に左翼への二塁打を浴びたところで降板となったが、3回1/3を投げて3安打無失点の好投だった。

 2軍では4勝0敗、防御率1・75の数字を残して6日に1軍に昇格。昇格後初登板でさっそくアピールに成功し「(2軍の)鎌ケ谷でやっていたことをそのまま同じ感じで、気持ちのうえで変わらずに投げられた。そういう意味ではよかったかなと思います」と振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請