【阪神】巨人戦3度目の完封負けで4日ぶり借金生活 矢野監督「どう点を取るかが課題」

8回2死二塁、空振り三振に倒れた糸井
8回2死二塁、空振り三振に倒れた糸井

◆阪神0―1巨人(9日・甲子園)

 阪神が2試合連続1点差で巨人に敗戦。4日ぶりの借金生活となった。今季9度目の完封負けでうち3度が巨人戦。矢野監督は「あと1本というところがね。俺らが上に行くためには、どう点を取るかっていうところがチームとしての課題やと思う」と嘆いた。

 先発・ガルシアは初回に右足に打球を受けながら、2回以降リズムよくアウトを重ねた。4~6回は3者凡退。だが、8回、先頭のビヤヌエバに右翼線二塁打を許すと、巨人ベンチは前夜のヒーロー・増田大を代走で起用。犠打で1死三塁となり、代打・中島の打球は三遊間へ。前進守備の阪神の遊撃・木浪がダイビングで好捕するも、増田大が抜群のスタートで決勝ホームを陥れた。

 指揮官は「ガルシアは文句ないでしょ」と好投の左腕をかばった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請