馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 中京 函館

【セレクトセール当歳】アドマイヤ近藤利一オーナー、史上4位4億7000万円でタイタンクイーンの2019落札 

4億7000万円でハンマープライスとなったタイタンクイーンの2019(右は母)
4億7000万円でハンマープライスとなったタイタンクイーンの2019(右は母)

 執念だった。1億円からスタートしたタイタンクイーンの2019(牡)は最初の声で一気に3億円へ。会場がざわめくなか、左右から声が飛ぶ。速いピッチで値が上がり、近藤利一氏がセレクト史上4位となる4億7000万円で手を挙げると、ハンマーが下ろされた。

 「明日(9日)も一番いいのをいく」。ミュージカルウェイの2018(牡)を3億6000万円で落とした前日8日に誓った通り、2日連続で最高金額での落札。「友道調教師が2週間も前から『ほかの馬はいらないからこの馬だけは欲しい』と言っていた。昨日の馬よりもこっちの方が素晴らしいという考えだった。全体的に見たら一昨年に落とした5億8000万の馬(イルーシヴウェーヴの2017)よりもいいかな」と近藤氏は明かす。

 管理する友道調教師は「顔立ちが聡明で、走りそうな雰囲気が全体から漂っていた」と強調。きょうだいに米国重賞馬が2頭、鳴尾記念勝ちのストロングタイタンがいるディープインパクト産駒にぞっこんの様子だ。

 セリ終了後に近藤氏はがんを患っていたことを激白。「2週間前に抗がん剤治療が終わったが、セレクトに来られないかとあきらめていた。来られてよかった。馬主冥利に尽きる」。2日で9頭、11億3300万円の買い物をし、笑顔を見せた。熱い思いで今年も手に入れた愛馬の走りがオーナーを元気づける。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請