【巨人】制球力アップへサイド転向の山下亜文、最速150キロ誇った粗削り左腕に2つの転機

サイドスローに転向し、新天地での飛躍を誓う山下亜
サイドスローに転向し、新天地での飛躍を誓う山下亜
春季キャンプでのオーバースロー
春季キャンプでのオーバースロー

 今週の「ALL巨人」では、今年ソフトバンクから加入した山下亜文投手(23)を直撃した。14年育成ドラフト3位でソフトバンクに入団も、肩の痛みにより2年半、思うように投げることができず自由契約に。育成として加入した左腕は、自慢の150キロを誇ったオーバースローからサイドスローに転向。課題に挙げる制球力を身に付け、新天地での飛躍を誓った。(取材・構成=河原崎 功治)

 小松大谷高から14年に育成ドラフト3位でソフトバンクに入団も、18年に自由契約。山下亜はトライアウトを経て巨人から声を掛けられ、再びプロの世界で戦うチャンスを得た。ソフトバンクでは肩の痛みにより約2年半、思うような投球ができなかった。巨人での新しいスタート。決意を口にした。

 「自分に期待して入団しましたよ。自由契約になった経験は大きい。育成で2回目のチャンスなんてなかなかないじゃないですか。まだやれる。まだ終われないって思いました」

 入団早々、春季キャンプでは2軍スタートを勝ち取るも、その後3軍に降格。課題は明らかだった。

 「元々コントロールが良くないんですよ。最悪でした。せっかく2軍に選んでもらったので、結果を出したかったですし」

 最速150キロを誇るも、制球が定まらず四死球を出すことが多かった。そこで杉内ファーム投手コーチから提案されたのはサイドスローへの転向だった。

 「『3月までにコントロールがつかなかったら横投げにするぞ』って。実際つかなかったんですよね」

 野球人生初の横投げへの挑戦。不安しかなかった。サイドにしたことで直球のMAXは142キロに落ちた。

 「正直、(上手投げをやめるのは)名残惜しかったです。変えるっていう提案がなければ変えなかったと思う。でもいざそうなったらやるしかないと。生きていかないといけないんで」

 空いた時間に、同じサイドスローの田原や森福に助言を求め、練習では現役時に下手投げだった会田ファーム投手兼トレーニングコーチからノウハウを学んだ。会田コーチは横投げにするに当たっていくつかのポイントを伝授した。

 〈1〉“叩く”感覚で投げる

 「上でも横でも下でも、投げる時の理論は同じ。投げるときに手首を立てる。リリース時のイメージとしてはボールを叩くように」

 〈2〉対角線に線を描くように

 「元々ボールが抜けるタイプだったので、対角線に線を描くように投げる。そうすれば抜けづらくなる」

 〈3〉プレートの位置をずらす 

 「左投げということは左打者へ抜けてしまうという恐怖心はある。プレートの位置を一塁側から三塁側にしよう。技術を変えるより、まずそこから」

 横投げにしたことで球種も絞った。上手投げの時に持っていたフォークとカーブを捨て、現在は直球に加えツーシームとスライダーの3球種のみ。一つ一つの球の精度を上げるよう努めている。

 「杉内さんからは『増やさなくていい。真っすぐを鍛えろ』と。投手としては球種が少ないのは苦しいですけど、まずそこからやろうと」

 それでも、会田コーチは直球、スライダーのキレに太鼓判を押した。

 「上から投げていた時は決め球がなかった。横にしてから思ったよりスライダーがキレるので、空振りも多く取れる。真っすぐも思ったより強いし、その点で変えたのはよかったのかな」

 支配下になって地元・石川の人に恩返しするのがモチベーションとなっている。

 「地元好きなんですよ。高校の友達だったり親だったりが応援してくれている。期待に応えたいです」

 移籍とサイド転向。2つの転機をプラスに変え、飛躍を目指す。

 ◆山下 亜文(やました・あもん)1996年4月5日、石川県加賀市生まれ。23歳。小学1年から野球を始め、小松大谷高3年夏の石川大会決勝で星稜と対戦。8回まで8点リードするも、チームが9回に9失点しサヨナラ負け。今季はここまで公式戦登板なし。171センチ、76キロ。左投左打。背番号「024」。

 ◆サイドスローに転向した巨人の主な投手

 ▼野間口貴彦 10年からサイドスローに挑戦。この年12試合に登板し、1勝2敗、防御率6・52。11年には12試合で1勝、防御率1・98と成績を伸ばした。

 ▼中川皓太 18年途中から肘を下げたサイド気味のフォームに改良。同年は30試合に登板し、1勝1セーブ、防御率5・02。今季はクックが離脱後、守護神に定着。37試合で3勝1敗、防御率1・64と安定した成績を残している。(成績は6日時点)

サイドスローに転向し、新天地での飛躍を誓う山下亜
春季キャンプでのオーバースロー
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請