【ロッテ】鈴木が初の月間MVP受賞「自分の成績とは思えない。不思議な力が出た1か月だった」

ロッテ・鈴木は6月度の大樹生命月間MVP賞に輝いた
ロッテ・鈴木は6月度の大樹生命月間MVP賞に輝いた

 ロッテ・鈴木大地内野手(29)が9日、6月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。打率3割4分4厘、7本塁打、21打点、1盗塁の好成績をマーク。本塁打、塁打(61)、長打率(6割5分6厘)はリーグトップ(本塁打はトップタイ)でチームをけん引したことが評価された。

 初の月間MVPを獲得した選手会長は「数字だけ見たら自分の成績とは思えない。不思議な力が出た1か月だった。昨日が良くても今日。昨日が悪くても今日。という思い出一日、一日を過ごしている。切り替えができたこともよかった」と振り返った。

 6月1日の西武戦では延長10回にサヨナラ打。さらに同16日の中日戦では2本塁打とサヨナラ打をマークし劇的なシーンを演出。多くのファンの感動を呼んだ一戦について「残りの人生どうなるかはわからないですが、間違いなくトップのゲームだと言えるような試合だったと思う」と評価。開幕スタメンを逃しても、努力と不屈の闘志ではい上がってきた背番号7。まばゆいフラッシュを浴びて笑顔を見せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請