【ソフトバンク】代打・栗原、サヨナラ犠飛「本当にうれしかった」今季最長5時間21分の死闘制す

12回1死満塁、サヨナラ犠飛を放った代打・栗原(中)を祝福するナイン
12回1死満塁、サヨナラ犠飛を放った代打・栗原(中)を祝福するナイン

◆ソフトバンク8x―7西武=延長12回=(8日・東京ドーム)

 ソフトバンクが今季最長5時間21分の死闘を制した。延長12回1死満塁で代打・栗原が中犠飛。プロ5年目で初のサヨナラ打を放ったヒーローは、一塁ベース付近でナインにもみくちゃにされ、工藤監督とも抱き合った。

 ベンチに残っていた最後の野手・栗原の一打で決着。「幸せです。本当にうれしかった」とお立ち台で初々しさをにじませた。王会長も「しびれたね。総力戦で死力を尽くしてね」と満面の笑みだった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請