ボートレースとこなめ【SGオーシャンカップまであと1日】石野が大会最多4V狙う

オーシャンカップを3度制している石野。大会最多タイとなる4度目の優勝を狙う
オーシャンカップを3度制している石野。大会最多タイとなる4度目の優勝を狙う

 オーシャンカップは今年で24回目を迎える。今回達成されそうな記録や過去のデータなどを紹介する。

 【オーシャン優勝者】歴代優勝者は今回7人出場する。田村隆信、魚谷智之、菊地孝平、石野貴之、井口佳典、峰竜太、毒島誠。田村が優勝ならオーシャンカップは04年以来15年ぶりとなる。同一SGでの優勝間隔が最も長いのは今村豊の18年ぶり(92年、10年メモリアル)で、15年ぶりは歴代2位の記録となる。

 【オーシャン強い】石野はこの大会を10、15、16年と3回制覇している。今回Vなら松井繁(今回は出場せず)の4Vに並び、大会最多タイの記録となる。また同一SGのV回数では野中和夫のオールスター6Vに次ぎ松井と並ぶ歴代2位タイのV回数となる。

 【ドリーム組】01年以降ドリーム戦に出場した選手が優勝したのは5回ある(02年植木通彦、07年魚谷智之、08年松井繁、09年菊地孝平、13年松井)。しかし、14年以降は5年連続でドリーム組から優勝者は出てない。

 【大会最年少Vへ】オーシャンカップの最年少優勝は04年(若松)の田村隆信で26歳4か月だ。今回、羽野直也(24歳3か月)、上條暢嵩(25歳6か月)が優勝なら大会最年少優勝記録となる。

 【柳沢が狙う】SGの連続優勝は16回ある(3連続2回を含む)。6月のグランドチャンピオンで優勝した柳沢一が今回Vなら、史上17回目(16人目)の、SG連続Vとなる。

 【どちらが先に新記録?】山崎智也と今垣光太郎はSG制覇のレース場が8か所で首位に並んでいる。今回どちらかが優勝なら、とこなめではSG初優勝となり、SG制覇のレース場が9か所目となり新記録になる。=おわり=

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請