【広島】ああBクラス 5年ぶりの8連敗で4位転落

険しい表情の緒方監督(右)
険しい表情の緒方監督(右)

 ◆阪神1ー0広島(7日・甲子園)

 広島が今季4度目の完封負けを喫し、2014年以来、5年ぶりの8連敗となった。序盤から阪神・高橋遙の切れ味鋭い速球とツーシームのコンビネーションに苦しみ、8回までわずか4安打で9三振を奪われた。8回には1死からメヒア、高橋大と代打攻勢に出たが、あっさりと凡退し、初回を最後に得点圏のチャンスすら作れなかった。

 チームはセ・リーグ再開後から9試合連続で勝てず、Bクラスとなる4位に転落した。最大14あった貯金を使い果たし、ついに借金2。投手陣が踏ん張りきれなかった前日(6日)に高ヘッドコーチは「投手は1点でも少なく、打者は1点でも多くと思っていけば活路は見えてくる」と話していたが、この日は7回1失点の床田が報われず。投打の歯車がことごとくかみ合わず、トンネルの出口が見えてこない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請