馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

【プロキオンS】アルクトスが3連勝で重賞初V 田辺「もともと期待していた馬」

田辺騎乗のアルクトス(右)がミッキーワイルドとの追い比べを制す。逃げた1番人気のマテラスカイ(左)は5着に沈んだ(カメラ・高橋 由二)
田辺騎乗のアルクトス(右)がミッキーワイルドとの追い比べを制す。逃げた1番人気のマテラスカイ(左)は5着に沈んだ(カメラ・高橋 由二)
アルクトスが3連勝で初重賞制覇(カメラ・高橋 由二)
アルクトスが3連勝で初重賞制覇(カメラ・高橋 由二)

◆第24回プロキオンS・G3(7月7日、中京・ダート1400メートル、稍重)

 15頭立てで争われ、2番人気だったアルクトス(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎、父アドマイヤオーラ)が田辺裕信騎手を背にゴール前で抜け出し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分21秒2。

 3番人気のミッキーワイルド(北村友一騎手)が半馬身差の2着に続き、4番人気だったヴェンジェンス(幸英明騎手)がさらに2馬身差の3着だった。いずれも2連勝中だった3頭が上位を独占した。

 1番人気だった昨年の覇者マテラスカイは5着に敗れた。

 田辺裕信騎手(アルクトス=1着)「前回、1400メートルで勝っていたので、楽に追走できました。メンバーがそろっていて、どうかと思っていたけど、脚をためて直線でも頑張ってくれました。こういう馬場なのである程度はポジションを取らなければと思って、意識して前に行きました。最後は脚いろが鈍ったけど、よく走ってくれました。近くの馬が扉を突き破って出ても落ち着いて待ってくれ、この馬自身の成長を感じました。(競り合った2着のミッキーワイルドは)東京で楽に勝っていて強いと思っていたのですが、勝つことができて良かったです。もともと期待していた馬で重賞を勝つことができました。(自身の通算重賞30勝に)良かったです」

田辺騎乗のアルクトス(右)がミッキーワイルドとの追い比べを制す。逃げた1番人気のマテラスカイ(左)は5着に沈んだ(カメラ・高橋 由二)
アルクトスが3連勝で初重賞制覇(カメラ・高橋 由二)
すべての写真を見る 2枚

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請