蝶野正洋、茨城で防災サミットを開催 「自分の身は自分で守りましょう。自分が助からないと人も助けられません」

蝶野正洋
蝶野正洋

 プロレスラーの蝶野正洋(55)が6日、茨城・大洗港第四埠頭で「地域防災サミットin茨城」を行った。

 “黒のカリスマ”といわれる蝶野だが、意外にも、「消防応援団」「AED大使」「熱中症予防PR大使」といった社会貢献活動に力を入れており、2014年には「NWHスポーツ救命協会」を立ち上げ、地域防災・AED救急救命の啓発活動を行っている。

 さらに茨城大使、大洗大使も務めていることから、16年より本人の呼びかけで同サミットがスタート。4度目の開催となる今年も、防災をテーマに地元の消防、警察、自衛隊、海上保安部が一堂に会した。

 蝶野は護衛艦「ゆうぎり」の1日艦長として、海上自衛隊の制服姿で登場。「自分の身は自分で守りましょう。自分が助からないと人も助けられません」と災害時に「自助」の意識を高めることの大切さを来場者に訴えていた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請